変形性膝関節症 【下肢に関するお悩み】 

文責:院長 柔道整復師 田之上 哲人

最終更新日:2022年06月27日

★こんなお悩み(変形性膝関節症)ありませんか?

お悩み(変形性膝関節症)ありませんか?

 

☑膝の痛みで日常生活がツライ!

☑膝が椅子から立ち上がって数歩特に痛い!

☑膝が痛いがスポーツを続けたい…。

☑不安なく旅行を楽しみたい。

☑整形外科にかかったが、年のせいといわれ

 

・このようなお悩みのある方は、早めに当院へご相談ください。

 変形性膝関節症による不安や辛い痛みの改善をサポートします。

★変形性膝関節症について

変形性膝関節症とはどのようなものか

 

・変形性膝関節症とは、膝の関節の表面の軟骨や半月板といった、膝のクッションといわれる部分が変形することで炎症を起こし、痛みや腫れを引き起こします。

 また、関節包の中に液体が分泌され、関節水腫と呼ばれる、いわゆる水がたまる状態になります。

 

・明確な原因が無いものと、ケガや病気により原因が明確なものに分けられます。

 変形性膝関節症の大半は、明確な原因がなく、関節自体の加齢変化や筋肉の衰えが影響します。

 また、肥満などの身体的個性は当たり前ですが、生活環境も重要で『正座』や『階段が多い』など膝に悪影響がある日常生活動作により発症する場合もあります。

★白山整形外科(病院)勤務時代での診断手順とは

・白山整形外科(病院)リハビリテーション科勤務時代に教わった手順について。

 

1.レントゲン検査

 骨と骨の間の関節部分はレントゲン写真に映りませんが、骨同士の隙間や骨の形を確認していきます。

 骨と骨の隙間が狭いほど、関節軟骨がすり減っているということになります。

 

2.関節液検査

 膝に炎症が起きてすごく腫れている場合、病気の判定を行うため、太い針の注射器で関節液を抜き取ります。

 変形性膝関節症では、黄色透明の関節液が排出されます。

 リウマチ等の関節炎では、黄色混濁した関節液が出ます。

 骨折の場合は、脂肪滴が浮かぶこともありました。

 

3.MRI検査

 変形性膝関節症が進行すると、 半月板が痛んで断裂したりしますので、軟部組織を詳しく調べたい場合、MRI検査をしておりました。

★当院で行っている変形性膝関節症の施術とは?

★当院で行っている変形性膝関節症の施術について!

 

・たのうえ接骨院では施術の前に変形性膝関節症の原因を見つけるため、まずはカウンセリングをしっかりと行いながら、お身体の状態もしっかりとみさせていただきます。

 実際に直接お身体に触れながら、痛み・腫れ・変形の原因が何からきているのかを確認させていただきます。

 姿勢などの全身のバランスも確認し、お身体のどの部分に負担がかかりやすくなっているのかを判断します。

 

・私たちの身体は、加齢による衰えや、運動不足による筋力低下などによって、筋肉を使いたくても使えない状態になり、骨盤や背骨に歪みやズレを生じさせます。

 歪みやズレが生じると、身体全体を正しく支えることが難しくなり、関節などに負担のかかる動作を行うことによって、痛みが引き起こされるのです。

 当院では、骨盤や背骨の歪みやズレを整え、機能不全を起こした筋肉(特に殿筋)をパワーアップに特化した電気機器モードを使用することで潜在能力を呼び起こし、元のよい関節運動に近づけることで、痛みの根本改善を目指しています。

 

・初期は強い刺激ではなく、心地よいと感じていただけるような力加減で施術を行ってまいりますので、ご安心ください。

 適切な刺激の施術を行うことでお身体の状態を整え、痛みを繰り返さないように努めます。

★変形性膝関節症のつらい痛みや腫れでお困りの方へ

※少しでも早く、変形性膝関節症のつらい痛みや腫れを改善すること、楽しい人生のお手伝いのため、親切丁寧に施術をさせていただきますので、変形性膝関節症にお悩みの方は当院までご相談ください。

 

症状別メニュー
(目次)

症状別メニュートップ

受付・施術時間

 
午前 -
午後 --

【月~金】
午前8:30~午前12:00
午後3:30~午後 8 :00

★交通事故施術、平日夜10時【22:00】まで予約対応しております。

【土】
午前8:30~午前12:00

【定休日】
土曜午後・日曜・祝日


※自費施術・徹底治療・交通事故施術【自賠責】によるケガは、完全予約制となっております。

所在地

〒475-0961
愛知県半田市
岩滑中町4-163

0120-893-019

料金表・お問合せ・アクセス

PageTop