肋間神経痛 【腰・背中に関するお悩み】

文責:院長 柔道整復師 田之上 哲人

最終更新日:2022年06月24日

★こんなお悩み(肋間神経痛系)ありませんか?

★こんなお悩み(肋間神経痛系)ありませんか?

 

☑ビリッと電気が走るような肋骨の痛みで日常生活に支障が出る

☑原因はわからないが、大きな呼吸や体を捻ったりするとわき腹が痛む

☑軽く呼吸するだけでも痛みが出て、くしゃみをすると激痛が走る

☑肋骨が折れたのではないかと不安を感じる

 

・時間が経てばそのうち良くなるだろうとそのままにしてしまうと、痛みが悪化してしまうおそれもあります。

・肋間神経痛で悩みの方は、当院までご相談ください。

★肋間神経痛とは

・肋間神経痛について

 多くの方が、「肋間神経痛になった」などといった感じで『肋間神経痛』という言葉を使われていますが、『肋間神経痛』という言葉自体は疾患名(病名)ではありません。

 

・肋間神経痛について、はっきりとした原因があるものは【症候性肋間神経痛】、一方ではっきりとした原因がないものは【特発性肋間神経痛】といいます。

 ただ、肋間神経痛の原因は様々で、まだ解明されていないものもあります。

 人の身体のうち、背中から脇腹にかけては「脊椎」と「肋骨」という骨で構成されており、脊椎が積み重なって上半身の重要な支柱になっています。

 脊椎には頚椎・胸椎・腰椎・仙骨・尾骨という種類があり、肋間神経は『胸椎』から左右に出て肋骨に沿って走っている神経になります。

 

・脊椎(背骨)はこの神経を保護する上で非常に重要で、身体に指令を出すための太い神経の通り道にもなっております。

 

・そして肋骨は脊椎と連結しており、胸郭を形成し中に肺が入っています。

 この肋骨に沿って脊髄から神経が伸びています。

 肋骨に沿っている神経を肋間神経と呼びますが、この肋間神経が痛んで引き起こされる状態を総称して肋間神経痛といい、何らかの原因によって損傷し負担がかかることで痛みや違和感などが生じます。

★肋間神経痛の原因

・肋間神経痛を引き起こす原因について

 

 肋間神経痛の原因としては、くしゃみや咳、骨折、腫瘍のほか、帯状疱疹(タイジョウホウシン)、胸椎椎間板ヘルニア(キョウツイツイカンバン)、変形性脊髄症なども考えられます。

 

・症候性肋間神経痛(原因があるタイプ)は、変形性脊椎症・胸椎椎間板ヘルニア・脊椎腫瘍など脊椎に原因がある場合、そして接骨院でもよく扱う肋骨骨折や早急に病院への受診が必要な肋骨腫瘍が原因となる場合があります。

 上記が原因の場合は、大きく呼吸したときや、特に上半身を前後に曲げたり、左右に曲げたり、回旋したりすると痛みが強く出ます。

 呼吸で肋骨は動くので時には「息ができないほど痛い」こともあります。

 

・一方、脊椎や肋骨の骨に原因異常がない場合に起こる代表的なものとして、帯状疱疹があります。

 帯状疱疹とは、帯状疱疹ウイルスが神経の中を通り皮膚に達して皮膚のぶつぶつを起こす疾患ですが、胸部に発症すると肋間神経痛を起こします。

 帯状疱疹性肋間神経痛は、皮膚のぶつぶつの有無に関わらず「ヒリヒリ」「ジクジク」「服で皮膚が擦れただけで痛い」など、皮膚表面の持続的な痛みを感じます。

 

・心臓・太い血管や肺などの内臓系の疾患が原因で起こる胸や側胸部の痛みとの違いは、限局性で痛む場所や範囲がはっきりしており、肋骨に沿って起こる比較的鋭い痛みという点です。

 

 また、上半身の右側か左側の片側のみに起こり、両ろっ骨骨折など特殊な場合を除いて左右両側に起こることはないという特徴があります。

★当院での肋間神経痛の施術

・当院での肋間神経痛の施術法について

 

・骨関節系(いわゆる運動器由来)の肋間神経痛では、原因と思われるお身体の歪みを、正しい位置に整えるための施術を行っていきます。

 

・多くの場合、まずは背中の筋肉や特に筋膜、そして脊椎に対してアプローチしていきます。

 炎症反応が強い初期は、痛みがある部位に対して直接施術するのではなく、痛みと関連性があると思われる「骨盤」や「頸椎」から施術を行います。

 もちろんお怪我をした部位の施術と処置は行います。

 

・骨盤にある仙腸関節は、身体の衝撃を和らげ、様々な動きをするうえで大切な部分となります。

 しかし、この仙腸関節の動きが悪くなることで身体のバランスが崩れてしまい普段通りの動きができず、骨盤の上にある肋骨にも負担がかかってしまいます。

 そして肋骨付近の筋肉や関節の付け根に負担がかかることで、肋間神経が圧迫され痛みが発生しやすくなります。

 つまり、猫背のような悪い姿勢は肋間神経痛になりやすいため、現状の姿勢を鏡やスマホの写真で把握しフィードバックして、良い姿勢を意識することがとても大切です。

 

・当院では、歪みを整える施術を行ったり、ハイボルテージ(高圧電気施術)等の機器を使用するなどして、お身体の深いところにある筋肉までしっかり対応していきます。

 お身体の表面は筋膜リリースという手技を使用し、ゆるめて活性化させることができます。

 

※ このように、ハイボルテージと筋膜リリースと整体手技と組み合わせて肋間神経痛の早期改善を目指していきます。

 肋間神経痛にお悩みの方は、当院までご相談ください。

症状別メニュー
(目次)

症状別メニュートップ

受付・施術時間

 
午前 -
午後 --

【月~金】
午前8:30~午前12:00
午後3:30~午後 8 :00

★交通事故施術、平日夜10時【22:00】まで予約対応しております。

【土】
午前8:30~午前12:00

【定休日】
土曜午後・日曜・祝日


※自費施術・徹底治療・交通事故施術【自賠責】によるケガは、完全予約制となっております。

所在地

〒475-0961
愛知県半田市
岩滑中町4-163

0120-893-019

料金表・お問合せ・アクセス

PageTop