テニス肘

文責:院長 柔道整復師 田之上 哲人

最終更新日:2021年05月13日

★こんな症状で(テニス肘)困っていませんか?|半田市 たのうえ接骨院

こんなお悩み(テニス肘痛み)ありませんか?

 

☑手の甲を上にして物を持つと肘の外側が痛い

☑手を思いっきりパーにした時に肘の外側に痛みが走る

☑仕事でマウスの連続使用で肘がたびたび痛くなる

☑就寝中に肘外側がジンジン痛んで目が覚める

☑ラケットスポーツ時に肘の外側に痛みを感じる

 

・上記の内容に心当たりのある方はもしかしたら、テニス肘(Tennis elbow)かもしれません。テニス肘の正式名称は「上腕骨外側上顆炎」(じょうわんこつがいそくじょうかえん)と言い、スポーツや日常生活などで手首を使った時に発生する外側の肘痛のことで、手首を上へ反らす筋肉が骨に引っ付く(腱*ケンと言われています)部分が炎症し痛みます。使い過ぎ(オーバーユース)による腱炎の一種と考えられます。

★テニス肘の特徴 |半田市 たのうえ接骨院

・テニス肘の特徴について!

 

・テニスでバックハンドを多用する人に多く発症したことから、テニス肘と呼ばれるようになりましたが、テニスプレイヤーだけの症状では決してありません。

 

・ラケットスポーツ(テニス・バドミントン・卓球等)で最も発生率が高く、それ以外ではゴルフ、剣道などでよくみられます。スポーツ競技者だけでなく、重い鍋を扱う中華コック、宮大工などの手首をたくさん使い重いものを持つ職種にも発生します。

 

・デスクワークでマウスを連続使用する方や、家事や料理などで重い物を持ったり、振ったりする事で痛みが出現する例もあります。

 

・肘の関節の外側に出っ張っている凸部分(骨)から手首に向かって痛みが走るのが特徴で、初期は肘の外側の凸部分(骨)を押さえても痛みはあまりなく、力を入れることによって痛みが誘発されます。

★テニス肘の放置リスクとは!|半田市 たのうえ接骨院

・テニス肘の放置リスクについて

 

・初期症状としては時々痛みを感じる程度なので、そのうち治ると思いそのまま痛みを放置しておくと、そのうち安静にしていても痛みを感じるようになり、治るまでに時間を要することもあるので注意が必要です。テニス肘の症状がひどくなってから、病院へ受診される方が多いです。しかし、腱鞘炎などの炎症による痛みのほとんどは早期に治療を開始し、肘に負担のかかる生活を改善することで、痛みの早期改善につながります。

 

・原因を考えず肘に負担のかかる生活を続けたままでは、薬や注射で痛みを軽減出来ても、服薬を中止した途端また痛みが再発することも多々あります。(整形外科勤務時の体験)

★当院で行うテニス肘に対する施術方法とは?|半田市 たのうえ接骨院

・当院で行うテニス肘に対する施術方法について!

 

・(オーバーユース)過剰に使われている筋肉は時に熱を持ち、徐々に硬くなり、次第に動きが悪くっていきます。また、筋肉や筋膜が硬くなることで、血流やリンパ液の流れも悪くなりその結果として治癒力も低下してくるため、まずしっかりと筋肉を緩めていきます。血流を促し動くようになったらストレッチングを行います。残った硬い部分は、リリースすることで少しづつほぐれてきます。

 

・またデスクワーク(pc作業)スマホなどで猫背姿勢が続き姿勢が悪くなると肩の筋肉が腕の筋肉を介し肘への負担を増加させていきます。姿勢がテニス肘の症状を作り出していることもありますので、場合によっては姿勢矯正も必要になることもあります。

・原因は肘だけではなく、姿勢や肩甲骨周囲の筋など、原因となるものは一つではないため、しっかりと原因を探るためカウンセリング等しっかりおこない、施術やアドバイスに生かします。

 

※テニス肘でお困りの方は、愛知県半田市の北部に位置する“たのうえ接骨院”にご相談ください!

受付・施術時間

 
午前 -
午後 --

【月~金】
午前8:30~午前12:00
午後3:30~午後 8 :00
【土】
午前8:30~午前12:00
【定休日】
土曜午後・日曜・祝日

★交通事故施術(むち打ち症など)・平日夜10時まで対応しています。

★たのうえ接骨院公式line始めました!
LINEによる予約時間の変更可能

※自費施術は完全予約制

所在地

〒475-0961
愛知県半田市
岩滑中町4-163

0120-893-019

料金表・お問合せ・アクセス

PageTop