肉離れ 【下肢に関するお悩み】

文責:院長 柔道整復師 田之上 哲人

最終更新日:2022年06月24日

★こんなお悩み(肉離れ)ありませんか?

こんなお悩み(肉離れ)ありませんか?

 

☑走ったら突然太ももやふくらはぎに痛みが出た

☑ステップやジャンプをすると太ももが痛い

☑重い物を投げたときに腕や背中、胸が痛くなった

☑運動したら、痛みとともに皮膚が青くなった

 

・上記のような肉離れの症状でお悩みのある方は、当院にご相談ください。

★肉離れとは?

”肉離れ”について

 

・肉離れとは、主にスポーツ中に起こり、特にダッシュやジャンプなどの動作時、筋肉が縮もうとしている時に急激な過伸張力が加わることで、筋肉繊維が部分的に断裂または完全断裂することを言います。

 医学的には筋断裂、筋膜断裂、筋損傷などといいます。

 一般的に瞬発系のスポーツの際に起こりやすく、スポーツ傷害の中でも頻度が高いケガです。

・もも、ふくらはぎ等(下肢)の筋肉に起こることが多く、たいていは部分的に断裂しますが、場合によっては筋肉が完全に断裂するケースもあります。

・また、少ないですが腕の筋肉や腹筋、胸筋でも肉離れが起こることがあります。

★肉離れしやすいスポーツとは?

肉離れしやすいスポーツについて

 

 肉離れしやすいスポーツとして、以下のような例が挙げられます。

 スポーツ以外にも、例えば体力測定会で身体を動かした際に生じることもあります。

・陸上競技

・サッカー

・テニス(特にサーブ、レシーブ時など)

・バドミントン

・野球

・バレーボール

・バスケットボール

 このようなスポーツ中に太ももなどに痛みが生じた場合は、肉離れの可能性がありますので、お早めにご相談ください。

★肉離れの症状と対応方法

肉離れの症状および対処法について

 

・軽度の肉離れでは急に痛みが出てくるだけの場合もありますが、中には肉離れになった瞬間に、『ブチッ』、『バチッ』といった何かが切れた音を聞いた方もいらっしゃるかもしれません。

 ひどい場合は、肉離れを起こした部分が腫れたり、内出血を起こして青紫色(アオジ)になってしまうこともあります。

 また、腫れるのではなく、へこんでしまうケースもあります。

・肉離れに限ったことではありませんが、スポーツをしていてケガをした際は、できる範囲で応急処置をすることが大切です。

 応急処置では、[RICE]とよばれる「Rest(安静)、ICE(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)」という考え方があります。

 ただ、そのうち「安静」については、ケガをした部分をまったく動かさない絶対安静の状態が続くと、結果的に回復するのが遅くなってしまう場合があるということで、「安静」ではなく「保護」や「適切な負荷」を行うべきではないかとされています。

 最近では、RICEのR(Rest:安静)が、P(Protection:保護)O.L(Optimal Loading:適切な負荷)に変わって、[POLICE] (ポリス)とよばれます。

 例えば、ギックリ腰も安静にしすぎて治りが遅くなる例があります。

※内出血している場合は特に、ケガをした直後からアイシング(冷却)を行うことが重要となります。

★肉離れの総治療期間について

肉離れの通院期間について

・おおよそ、肉離れの通院期間は軽度なものは3~4週間、通常は2~3か月程が目安となります。

★当院での肉離れの治療方法とは

当院での治療方法について

 

・当院では、手術ではなく保存治療を行います。

・肉離れになってから48時間はRICE療法が有効ですので、それに沿って応急処置を行います。

・初期より症状をみながら電療系を組み合わせます。

 痛みが治まってきたら、少しずつ日常生活動作をしていくようにします。

 例:腓腹筋(ふくらはぎ)を受傷した場合には、主に伸縮テーピング(いわゆる:キネシオテーピング)を使って足関節を軽度底屈位で固定し、肉ばなれが進行しないようにします。

 包帯で圧迫処置し、内出血の拡大を防ぎ早期復帰へと導きます。

 痛みの程度によっては、松葉杖を使って体重がかからないようにし、ケガの回復をはかります。

 経過:痛みが軽くなって歩行が可能になれば、負担がかからないよう注意しながら、もも裏のストレッチ(ハムストリングスの損傷)や足関節の背屈のストレッチング(ふくらはぎの損傷)を行います。

 そして、押しても痛みを感じることがなくなれば、軽いランニング(ジョグ)なども行っていきます。

 筋肉が固まっているうちにハードな動きをすると再発の可能性がありますので、全力でのジャンプやダッシュはケガの程度によりますが、約6週間は行わないようにします。

 中期から後期のリハビリは、電療系と手技を併用して痛みと筋肉の状態の改善をはかります。

 

◎当院には、中学校や高校が近くにあり肉離れの方が多く訪れます。

 患者様の感じている症状はもちろんのこと、スポーツ環境や年齢性別を含めた情報をカウンセリングでお聞きし、施術に生かします。

 また、長引く場合や繰り返す場合は特に対処療法ならないよう根本原因を探し出し、丁寧に説明と施術方法のご提案をします。 

※ 1日も早く肉離れが回復するよう尽力いたします。

 そして、親切丁寧かつ分かりやすい説明を心掛けていますので、つらい痛みや不安を抱えている方は我慢せず、当院にご相談ください。

症状別メニュー
(目次)

症状別メニュートップ

受付・施術時間

 
午前 -
午後 --

【月~金】
午前8:30~午前12:00
午後3:30~午後 8 :00

★交通事故施術、平日夜10時【22:00】まで予約対応しております。

【土】
午前8:30~午前12:00

【定休日】
土曜午後・日曜・祝日


※自費施術・徹底治療・交通事故施術【自賠責】によるケガは、完全予約制となっております。

所在地

〒475-0961
愛知県半田市
岩滑中町4-163

0120-893-019

料金表・お問合せ・アクセス

PageTop